大阪府 堺市鳳の原田耳鼻咽喉科 外耳道炎(外耳炎)

外耳道炎専門サイト | 原田耳鼻咽喉科

外耳道炎専門サイト | 原田耳鼻咽喉科

頻繁に外耳道炎を繰り返している方へ
是非読んでいただきたい内容です。

メニューはこちら


外耳道炎の治療法


当院における治療としては、耳だれが出ている場合は耳の耳浴(耳の洗浄)や、ブロー氏液(酢酸アルミニウムの水溶液)による洗浄を行う場合もあります(これはよく効きます)。そして抗生物質の服用によって「細菌をたたく治療」を行います。


耳の耳浴(耳の洗浄)


耳の耳浴(耳の洗浄)

耳だれが出ている場合には耳浴(耳の洗浄)を行います。
これは医師が耳の清掃を行った上で、
外耳道炎になっている方の耳を上にして
横になって頂き、人肌に温めた薬液(点耳液)で
外耳道を充たし、一定時間(通常は10分程度)
そのままの状態を保って頂きます。

これにより、炎症を起こしている患部に
薬液を比較的長い間接触させることができるため、
単なる点耳よりも治療効果が高まります。



ブロー氏液による耳浴

ブロー氏液は酢酸アルミニウムを調整した水溶液で、細菌の中でもやっかいな緑膿菌やMRSAといった細菌にも有効な当院内にて調整する院内製剤です。
症状が悪化している外耳道炎の場合はこちらのブロー氏液を用いて耳浴を行います。
※腐食作用が強い(使用期限が短い)ため、院内での治療のみで用いており、処方は出来ません。

長い間、耳掻きを使っている人ほど、外耳道の抵抗力が落ちているために治りが悪く、再発しやすくなります。また、外耳道炎を繰り返すと(慢性化)、徐々に外耳道が狭くなり、狭窄をおこします。

【正常な外耳道】
【外耳道の狭窄】


耳掻きは捨ててください。


膿汁が脳に行く悪性外耳道炎や、肉芽性鼓膜炎(にくげせいこまくえん)と呼ばれる鼓膜にまで炎症がいく恐ろしい病気に繋がる可能性もありますので、(もちろん極めて稀ではありますが・・)、外耳炎だからといって馬鹿にはできないのです。

【肉芽性鼓膜炎】


>> 外耳道真珠腫