大阪府 堺市鳳の原田耳鼻咽喉科 外耳道炎(外耳炎)

外耳道炎専門サイト | 原田耳鼻咽喉科

外耳道炎専門サイト | 原田耳鼻咽喉科

頻繁に外耳道炎を繰り返している方へ
是非読んでいただきたい内容です。

メニューはこちら


外耳道真菌症について


外耳道真菌症について

多くの外耳道炎が、耳かきなどで傷つけた外耳道の表面に細菌が繁殖して炎症が発生するのに対し、外耳道真菌症は傷ついた外耳道の表面に真菌(カビ)が繁殖するものです。


最初は外耳道炎だったものが、かゆくてまた耳をさわっているうちにこじれてしまい、外耳道真菌症に発展するケースも少なくありません。


症状としては、フワフワ状の耳垢(カビの影響で発生した耳垢)が鼓膜をふさぎ、難聴や耳の詰まった感じがしたり、外耳道炎のようなかゆみや痛みが生じる場合が多いです。

また、耳だれがでてくる場合もあります。

いずれにせよ、こちらの病気も耳かきや綿棒などによる人為的な病気であることは言うまでもありません。

【正常な外耳道】
【外耳道真菌症】


外耳道真菌症の治療

外耳道の真菌の清掃を行った上で、抗真菌剤を塗る治療、あるいは外耳道炎の治療と同様に、耳浴と呼ばれる、薬(ブロー氏液)で外耳道を一定時間満たす治療を行います。


服用薬の抗生物質は外耳道真菌症には効果を発揮しないため、原則として通院治療を何度か繰り返していただき完治を目指します。(場合により、抗真菌剤の服用を行うことがあります。)


耳かきにも真菌が付着している恐れがあり、それを家族で使いまわすと他の家族にも迷惑をかける恐れがあるので、そのような場合はその耳かきは捨てるようにしてください。



>> 外耳道真珠腫