大阪府堺市鳳の原田耳鼻咽喉科 補聴器専門外来

補聴器を装用したあと定期的に通院していただき、検査・調整・メンテナンスを行っていただくことが下記のようなメリットを感じるための大前提です。

家の中での生活が快適

1.家の中での生活が快適

■ご家族との会話がスムーズ

 

補聴器のメリット

難聴の方は、会話で相手の言葉が聞き取れないために、会話に対しておっくうになってしまい、会話の輪に入ることが徐々に遠ざかっていくケースがよく見られます。
また、その結果、周囲とのコミュニケーションも不足になりがちです。
補聴器を使うことによって、「聴こえ」が遠いときよりも会話の行き違いがなくなります。また、周囲の負担も軽減されます。

■ご家族と同じ音量でテレビ鑑賞

ご家族の方と同じ音量ではテレビを楽しめないという方は補聴器がお役に立ちます。
一般の補聴器のほかに、ワイヤレス機能付きの補聴器も普及しているので日常生活において快適な生活を送ることができるようになりました。

 

2.広がる趣味の幅

広がる趣味の幅

■カルチャーセンターや講演会

教室やホールにおいて、言葉がうまく聞き取れないことも。
実際、最近ではワイヤレス機能の補聴器の普及により、「聴こえ」を補助する補聴システムが整備されてきました。
広い場所でも聞こえがよくなるようになってきています。

 

■おしゃれをして、友人とおでかけ

最近では小型の耳穴型補聴器が充実しているため、ヘアスタイルの自由度もアップしました。
聞き返しを減らせば、友人とのお出かけやショッピングもぐんと楽しくなります。
また、最近ではカラフルな見せる補聴器も登場しています。

 

■汗や水濡れにも強い補聴器もあります

従来、補聴器に湿気は大敵でしたが、汗に強い補聴器も登場。ゲートボールやゴルフなどのスポーツも、汗を気にせず楽しめるようになりました。
最近では、お風呂や温泉にも入れる防水仕様の補聴器もあります。

 

3.老後・いきいき

老後・いきいき

■自分に自信がもてます

補聴器のメリット

銀行や病院で名前を呼ばれたとき、聴き取りやすくなり、街中では、後ろから来る自動車やバイクの音に気づけるので、外出がしやすくなります。
活動が活発になり、気分もすっきりとするので自然と自信が回復してきます。

 

■心の若さを保てます

人は毎日、「きこえ」から多くの情報を得ています。
難聴がすすむと、次第に情報に疎くなり会話に参加しづらくなることも・・・
様々な活動に参加することも可能になり、 有意義な生活を送ることができるでしょう。

 

新規受診に際してのお願い、アクセス方法 補聴器の正しい選び方
ページのトップへ