大阪府堺市鳳の原田耳鼻咽喉科 補聴器専門外来

このようなことに心当たりのある方へ このようなことに心当たりのある方へ このようなことに心当たりのある方へ

OTOLens(オトレンズ)についてご挨拶

OTOLens(オトレンズ)についてご挨拶

「聴力の低下が気になり、補聴器を着けてみたいが、
補聴器を使っていることを知られるのが嫌なんです」

 

これまで、補聴器外来にお越しになられた多くの方がおっしゃって来られた言葉です。
特に50代までのお若い方達がお話されることが多いように思います。

 

補聴器のデジタル化によってここ10年で補聴器はどんとんと小さくなり、
OTOLens(オトレンズ)のように補聴器が見えない、ということは
いわば補聴器ユーザーさんの悲願の1つが達成されたと言っても過言ではないでしょう。

 

「OTOレンズを着けている時が、自分自身が補聴器を着けていることを忘れさせてくれます。」

 

実際にOTOレンズを使われている方のお声ですが、
まさにOTOLens(オトレンズ)の本質を突いたご感想だと思います。
鼓膜近くまで入れることによって、装用時の違和感や異物感が軽減され
場合によっては補聴器を着けていることをさえ忘れてしまう、その上で
聴力が改善する、これがOTOLens(オトレンズ)の利点です。

 

また、OTOLens(オトレンズ)そのものは入れ物ですから、
補聴器の進化に応じて、最新の機種をOTOLens(オトレンズ)に
載せることができることもメリットでしょう。

 

「見えない」ということが対外的も、そしてご自身の自信にもつながる、
という点でOTOLens(オトレンズ)は活き活きとした生活を送りたいと
願われている現役世代の方に特にお奨めしたい補聴器です。

 

まずは一度、OTOLens(オトレンズ)を体感してみてください。
当補聴器外来であれば、万一OTOLens(オトレンズ)は合わない、
という場合には購入して頂く必要はありません。
他の補聴器を選択して頂いても結構ですし、補聴器を使わない、
という選択をして頂くこともできます。

 

あたなにとって新しい選択肢を是非一度お試し頂き、
結果としてあなたの人生がより充実したものになれば幸いです。

 

認定補聴器技能者 原田以久

 

OTOLens(オトレンズ)の費用

OTOLens(オトレンズ)の費用

片耳 470,000円(税抜)~
両耳 800,000円(税抜)~

 

フィッティングの段階で補聴器を購入して頂く必要はありません。
当補聴器外来では全ての補聴器において、装用してご本人がご納得したものがあれば
購入して頂くスタイルです。

 

※分割ローンも可能
例)20,000円×24回 など

 

医療費控除も可能です。

 

1)医療費控除とは?

補聴器購入にかかった費用(補聴器本体を含む)は医療費控除の対象となり、税務署への簡単な確定申告でお金が戻ってきます。
つまり、医療費控除の申請を行うことで、結果的には国からの補助を受けることができ、費用負担の軽減となります。
(控除額は所得税率に応じて還付金が変動し、所得税率が高いほど還付金は多くなります。)

2)医療費控除の条件は?

本人または家族(生計をともにする配偶者やその他の親族)※のために支払った医療費であること。
1年間(その年の1月1日から12月31日まで)に支払った医療費が10万円以上であること。
※奥様が扶養家族から外れていても、奥様の医療費を旦那の医療費と合算できます。

3)医療費控除の対象となる金額の計算方法

 

※1 医療費控除額は最高200万円までです。
※2 医療費であれば、病気の治療費、市販薬の購入費、医療機関までの交通費(電車、バスなど)も控除の対象となります。但し、車で通った場合のガソリン代・駐車場代は控除の対象となりません。
※3 生命保険契約などで支給される入院費給付金、健康保険などで支給される療養費、家族療養費、出産育児一時金など
※4 その年の所得金額の合計額が200万未満の人はその所得合計金額の5%の額となります。

 

 

※1税率について

課税対象となる所得 税率
~195万円 5%
330万円 10%
695万円 20%
900万円 23%
800万円 33%
1800万円超 40%

※平成26年4月1日現在

※2 課税対象となる所得に関わらず10%です

4)補聴器について医療費控除の注意点

①医療費控除の手続きには、医療費の支出を証明するものが必要です。領収証は大切に保管しておいてください。
②医療費控除は、支払った税金からの控除です。そのため、所得税を支払っていない場合は、返還されるお金が無いため、還付金は0円になります。また、計算した控除の金額が支払った所得税よりも多い場合は、支払った金額以上は戻ってきません。
③手続きには源泉徴収票など、収入を証明する書類が必要です。

新規受診に際してのお願い、アクセス方法 補聴器のフィッティングステップ
ページのトップへ