TEL 072-266-0157

大阪府堺市西区鳳中町3-62-30

診療時間

Home > 耳鳴りの原因

耳鳴りの原因 耳鳴りの原因

自覚的な耳鳴りを掘り下げてみましょう

最初のページでもお伝えした通り、耳鳴りは自覚的耳鳴他覚的耳鳴
に大きく分けられます。

他覚的耳鳴りの場合には、実際に何かの音が鳴っているわけですから
診断する医師も場合によりその音を患者さんと同様に聞くこともできます。

治療も、その原因を取り除いたり、場合によっては
高血圧を鎮める治療を行うことで耳鳴の音源を制御することにより
その不安やストレスから解放されることが可能です。

それでは自覚的耳鳴りはどうでしょうか?

実際には音が鳴っていないのに鳴っているように聞こえる、

脳がそのように誤認している状態が自覚的耳鳴りです。
そしてこの自覚的耳鳴りはさらに下記のように分類ができます。

ナース

1器質的疾患の場合

器質的疾患は体の組織のどこかに異常をきたしている状態です。耳鳴りの場合、起こりやすい器質的疾患は脳腫瘍や脳梗塞が挙げられます。このような場合にも自覚的耳鳴りが生じることがあります。器質的疾患がある場合はまずはそれらを治療することが大原則です。

2精神的疾患が引き金となっている場合

精神的な不調、精神的な疾患が引き金となって自覚的耳鳴りが生じる場合があります。このような精神的疾患が耳鳴りの背後に存在すると考えられる場合には、精神科や診療内科での治療を優先させます。

3耳鼻科的疾患の場合

具体的には自覚的耳鳴りの中で①と②のケースを除いたものが、耳鼻咽喉科が受け持つ耳鳴りの領域であると考えています。

そして耳鼻科的疾患の中でもさらに大きな分類として

難聴を伴うか、伴わないか?
という点でも分類がなされます。

難聴を伴う場合

難聴と耳鳴りの発生※クリックで画像拡大

難聴を伴う場合は主に蝸牛の機能障害で聴力が低下することによって脳に音の刺激がいきづらくなり、その音を聞こうとして脳が感度を上げます。
(テレビのリモコンのボリュームを上げることをイメージして頂くと良いかも知れません。)
そうすると、元来では誰もが普段は自覚しないような無響室耳鳴(元々脳に存在するノイズを無音の環境で聴いている)を脳の感度があがることによって感じるようになる、これが難聴から耳鳴りへ発展するメカニズムです。

難聴を伴わない場合

これは聴覚自体に過敏が起こり、無響室耳鳴が聞こえる状況です。
外傷やストレス、精神的疾患が引き金となっていることが多いようです。
ストレスや精神的疾患が原因・遠因と考えられる場合には精神科・診療内科での加療を優先して頂きます。
しかしTRTという音響療法が有効な場合があります。